セノビーミロ※カルシウム700mg摂取(セノビー1杯)で6ケ月で+7cm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セノビーとミロのに入っている栄養成分を比べてみる

セノビーとミロ、同じ健康飲料として販売されていますが、実は成分などいろいろな点で違いがあります。
まず、森永のセノビーの栄養素を確認してみます。
森永セノビー 1杯12g
たんぱく質:1.6g   脂質:0.46g   糖質:7.3g
食物繊維:0.6g   ナトリウム:32mg  カルシウム:530mg
鉄:3.8mg  ビタミンA:96μg  ビタミンB1:0.37m
ビタミンB2:0.15m  ナイアシン:3.6mg   ビタミンD:3.7μg
これ以外にもポリフェノール、オリゴ糖、シールド乳酸菌が含まれています。
ネスレのミロの栄養は
タンパク質 1.2g  脂質 1.6g 糖質 9.8g
食物繊維 0.9g ナトリウム 16mg カルシウム 220mg
鉄分 3.2mg ビタミンA  なし  ビタミンB2 0.3mg
ビタミンB6 0.4mg ビタミン B12 0.64mg ナイアシン 4.6mg
ビタミンc 14mg  ビタミンD 1.7μg
これを見てみるとセノビーのほうが、多くの健康成分が含まれていて、ミロはどちらかと言えば糖質が多く子供のエネルギー補給の役割が強い飲み物だといえます。

セノビーとミロをカルシウム量で比べてみる

セノビーは森永製菓の身長サプリ、ミロはネスレが発売するどちらもココア味の健康飲料です。では身長サプリとしての効果はこの2つの違いは大きいのでしょうか?
まずはじめに身長の伸びに大きく関連するカルシウム量ですが、どちらもミルク150gに溶かすドリンクですのでそれを除外すると、セノビーはカルシウム530mg,ミロは220mgですので身長を伸ばす効果に関してはセノビーのほうが優れているといえます。
また、カルシウムの質もセノビーの場合は「ミルクカルシウム」ですのでより体に吸収されやすいカルシウムだといえます

セノビーとミロ 決めては「シールド乳酸菌」と「オリゴ糖」

セノビーの特徴として森永のこだわりは森永の独自の乳酸菌である「シールド乳酸菌 M-1」がなんと1杯に100億個入っており、人間の重要な腸内細菌の一つであるビフィズス菌の栄養になる「ミルクオリゴ糖」が100mg含まれていることで、お子様の毎日の健康へのサポートも可能になります。
今まではヨーグルトなどから乳酸菌を取ることが多かったのですが「セノビー」を摂れば一石二鳥に栄養成分が取れると言うことになります。
もちろん、胃腸をの調子を良くすることはミルクカルシウムの吸収もスムースに行くことになります。

セノビーとミロその他の違いはアスリートへのサポート

セノビーを製造販売している森永製菓は「ウイダー」ブランドで多くのアスリートをサポートする製品を製造しており、プロテインその他のトップアスリート向けのプロテインの販売、ジムの経営なども行っているスポーツに特化した企業です。
そのスポーツする子どもたちの体を大きくするノウハウを「セノビー」にも取り柄入れていますのでセノビーは多くの子供の身長を伸ばしたい両親や、スポーツをする子ども達の体づくりのために飲まれてい飲料なのです。
セノビーは楽天、Yahoo, Amazonなど多くのネット販売サイトで購入できますが、公式サイトでは初回は1袋あたり691円で購入できますし、嬉しいプレゼント企画もありますので、公式サイトからの購入されている方が多いようです。

 

780森永セノビ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

口コミ投稿

個人情報保護方針

コメントを残す

*