セノビー いつから※5歳から飲め、平均6ケ月で7cm以上も背が伸びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セノビーいつから飲ませるのに悩んでいる保護者は多い

セノビーはあくまでも「栄養機能食品」として販売しているので、公式サイトでは何歳から飲めば有効とか、何歳から飲めるとかの答えを見つけることは出来ません。
しかし、集まった多くのの体験談から何歳くらいから摂れば一番効果的なのかとかはおおよそつかむことが出来ます。
セノビーは牛乳と混ぜて飲むのが一般的な飲み方で牛乳150ml と一緒に飲めば子供のカルシウムの1日の必要量(600~1000mg) の殆どを摂取することが出来ます。
牛乳が飲める年齢でしたらいつくから飲んでも大丈夫で、栄養機能食品として栄養成分の上限と下限が決められているものですので、カルシウム、鉄分、ナイアシン、ビタミンB,Dなどが、効果的な量を摂取することができ、なおかつ取りすぎることがありません。

セノビーは特にいつからと年齢は決まっていません

セノビーは栄養機能食品で、カルシウムなども子供がとっても健康被害がない安全な量が含まれているので、特に最低年齢は決められれいませんが、牛乳を飲める年齢でしたらいくつでも大丈夫と言われています。
お母さんの中で、お子さんの成長や身長が気になりだすのは就学近くになってからという意見が多く、その頃からセノビーを飲ませることを考えるお母さんが多くいるようです。

セノビーをいつから飲ませるのか?体験談で一番多かったのは10歳から

実際セノビーを試し始めた年齢ですが、小学校から本格的なスポーツ初めたりする年齢だったり、本格的な成長期に入る時が身長が気になる時が多く、10歳前後からセノビーを購入しているご両親が最も多い様子です。
女の子なら10~13歳、男の子なら12~14歳くらいが一生の中でも一番身長が伸びる時期ですので、その前にはセノビーなどの身長サプリを飲ませることによってより効果を大きくする事ができます。
また、女の子のほうが成長始める年齢が早いのでセノビーを飲むのも早くからが良いと言われています。

セノビーをいつから飲ませるので効果的なのは5歳位からスタート

就学前の5歳位から飲ませているお母さんに聞くと身長はもちろんの事、体もしっかりして来たりし、乳酸菌の効果でお腹を悪くすることが少なくなり、健康になったとの声も聞きます。
できれば5歳位から毎日でなくてもお菓子の代わりにのむことを習慣に出来ればお子さんの健康増進にも役立つと思います。
もちろん思春期に入ってしまている、思春期が終わりそうな方でもある程度の期間を飲めば、身体がしっかりしてきたり、健康効果を感じることが出来ますので基本的にはいくつになってもお勧めです。

 

780森永セノビ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

口コミ投稿

個人情報保護方針

コメントを残す

*